2011年08月11日

小熊式ダーツ練習法  投げ方の基本 体験談

遊びでダーツを続けるのならば、一回一回のゲームで良い成果を上げるような考え方で練習をすればよいでしょう。


しかし、安定して良い成績を上げるためには、そうしたやり方は非常に非効率で、

まずはしっかりしたフォームを身につけることが重要です。


テニスや卓球でいえば素振り、ゴルフでいえば、スイングの練習をするように、

ダーツの投げ方を自分の体に叩き込んでいく必要があります。



小熊式ダーツ上達法では、自分のフォームを作るために、どんな練習が必要なのか、

と言うのがはっきりとわかりますので、無駄な練習をして悪い癖を身につけることなく、

限りなく最短でフォームを固めることができます。





高い確率でハットが決まるようになり、カウントアップで1000点を超す実力を身につけるにはこちら





posted by 小熊恒久 at 16:38| ダーツ投げ方 小熊恒久 体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。